2013年10月17日

嬉しい偶然

よく観に行くお芝居のチラシが届きましたるんるん
下北沢エスカフェで行う展示会(下記)の期間内にも上演されるようですかわいい
2013-10.png
座キューピーマジックの座長さんが初めて書かれた戯曲【黒いスーツのサンタクロース】。初めて観た時から大好きで、同じ期間に何度も観に行ったこともあります。再演の度、リライトされてきたそうですが、今回は決定版とのこと。
めっちゃ楽しみですぴかぴか(新しい)
上演と展示の期間が重なったことも嬉しい偶然です。

以前、お芝居を観に行った時の記事はコチラ
チラシの絵を描かれてらっしゃる小松修さんの展示会に行った時の記事はコチラ

〜〜お知らせ〜〜
下北沢のカフェにて、ヒューマンアカデミー絵本講座修了生 halulu の虹色たまご で行うグループ展に参加します。講師だった柳沢晴子先生の原画も飾られます。

2013年11月17日(日)〜30日(土)
エスカフェ
東京都世田谷区北沢2-27-1 ヒルウエストクオドランド
03-5452-0508
営業時間 平日・日・祝 12:00〜24:00/土 〜26:00
DM2013.png
クリスマスをテーマに絵の展示を行います。良かったら足をお運びくださいねexclamation
※カフェでの展示につきご来場の際は必ず1オーダーをお願いします。貸切などにより入場できない場合もありますので必ず事前にHP(http://www.escafe.jp/)などで店舗スケジュールをご確認ください。

にほんブログ村に参加しています。ポチッとおして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり絵本へ
にほんブログ村
posted by Aya at 20:33| Comment(0) | 映画・観劇

2011年05月22日

2011.05.22 下北沢にて〜座・キューピーマジック

〜『絵本・絵本・絵本をつくりたい!』ブログを掲載していたところがなくなるので、以前の記事を移行しています〜

20110522124633_2.jpg
座・キューピーマジックの《ルーム・メイト》というお芝居を友達と観に行きました。親友同士が暮らしている部屋に、占い師のお姉さんがやってきて、「この部屋で霊たちが異常繁殖している!」というところからお話が始まります。2回目だったのですが、すごぉく面白かったです。

この劇団を好きになったきっかけは以前の記事に書きました…あの頃から劇団員の方はほぼ変わってらっしゃいますがお芝居のベースのようなものは変わっておらず、やはり楽しめました。

公演後、座長の田窪一世さんと写真を撮らせて頂きました。田窪さんはテレビドラマ《かばちたれ》などにも出演されてましたtv その他にもイロイロ出てらっしゃいます。携帯ですが横サイズでも撮って頂いたのになぜか保存されておらず縦のものを
002.jpg

舞台俳優さんたちともパチリ。こちらも本当はもっと大勢の浮遊霊さんたちと撮ったのに、そちらは保存されておらず… 写真を撮ったことによって成仏できたのだと劇団員さんは言って下さいましたが、ちょっと残念。
003.jpg

記事には書かなかったのですが、昨年の11月にもこちらの劇団の《道化師の森》を観に行き、号泣でした。

次回は《2011年11月21〜27日 下北沢駅前劇場 最後のブラッディ・マリー》、

楽しみです
posted by Aya at 00:00| 映画・観劇

2008年12月24日

2008.12.24 黒いスーツのサンタクロース

photo.jpg
昨日、友と下北沢で観てきました【黒いスーツのサンタクロース】。劇団名は『座・キューピーマジック』。脚本も書かれている座長の田窪一世さんがキューピー人形に似てるからついたお名前。

この劇団を大好きになったいきさつは2007年11月21日の記事にバッド(下向き矢印)

今年の【黒サンタ】4年ぶりの再演でした。以前はクリスマスの時期に必ず公演があったので、この時期になると観に行くのが定番でした。“人魚姫”が物語のベースの一部だったり、絵本そのものが登場したりもします。♪ドヴォルザークの新世界♪も、いい感じで流れてきます。

パンフレットに書かれているあらすじを少し。。。それはクリスマスイヴの夜のことでした。待つ人の誰もいない暗いアパートに帰ってきた売れない女優。そんな彼女の部屋に不法侵入していた黒いスーツの中年男。泥棒かと思ったその男は実は彼女をお迎えにきた死神でした。パニックになって死にたくないと訴える彼女。と、そこへ昔の恋人から舞台への出演依頼電話が。死神に懇願し舞台が終わるまでという約束で死期を延ばしてもらうことにするのですが…。

映画もそうですが、好きな物語って何度みてもイイですよね

photo_2.jpg
そして、座・キューピーマジックは今年で20周年だそうですが、旗揚げ当時からパンフレットの絵を描かれている小松修さんの原画展が、来年の2月3日〜8日まで、表参道のアートスペース リビーナという場所であるそうで、楽しみです

〜〜〜2007年11月21日に書いたもの〜〜〜

明日、下北沢へお芝居を観に行ってきます。
愛知の豊田市に住んでいる友達も観に行くので家に泊まってもらう予定です。

初めて観に行ったのは『ガラスの椅子』。派遣先の会社の方に連れて行って頂きました。

BGMがとまり暗くなっていく舞台、物音が全くしないのに、始まりの明かりがついた瞬間、誰も居なかったはずの舞台の上にもう俳優さんがいて、物語が始まっていきます。どんどん引き込まれていきました。岡野佐多子さん演じる「サチコさん」という人が私は忘れられません。観客に訴える「サチコさん」の気持ちがどんどん伝わってきました。すごいなぁ・・・と、鳥肌がたちました。ナマの人間がすぐそこで演じているのは映像でみるのとは全く違うんだ、と感じました。

k2_2.jpg
それからもうやみつきです。チラシをたくさん頂いたので、他の劇団のお芝居もみにいきましたが、この『座・キューピー・マジック』が一番私にはしっくりきます。基本は、座長さんが脚本を書いてらっしゃいます。 代表作「黒いスーツのサンタクロース」は高校演劇の演目でもよく使われるそうです。私も大好きで、同じ期間内で何回も観に行きました。

以前、劇団員の方と直接お話する機会がありました。座長さんの好きな映画「天国から来たチャンピオン」「スティング」「明日に向かって撃て」は、私の好きなものと全く一致していました。

k1.jpg
『四人姉妹』の中で鶴屋紅子さん演じる、のんべえ山羊の精霊「サテュロス」最高に面白いんです。腹を抱えて笑えるくらい。クリスマスパーティで迎えて頂いた時も、居るだけで面白いというかなんというか。。

今は新しい方も加わり、座長さん以外の方も脚本を書いてらっしゃいます。

明日の『ムーンライトセレナーデ』は再演です。とてもとても、楽しみです。(^_^)
posted by Aya at 00:00| 映画・観劇