2022年05月05日

ありがとうございました!

ころぼっくる工房さんで作品をご購入くださった皆様、どうもありがとうございますぴかぴか(新しい)

お友達の方にプレゼントしたい、と同じ額絵の在庫があるかきいてくださったお客様もいらして、本当に嬉しい限りであります左斜め下 額絵『この箱にしたよ』
この箱にしたよ.PNG

5月3日の納品時に右斜め下 ポストカード『それからどうなったの』
それからどうなったの.PNG
を納品するつもりでしてなくてあせあせ(飛び散る汗)そのまま持ち帰ってきてしまっていたので次回に。。

納品時、店主さんに『豆本協会を立ち上げた方が妙蓮寺出身である』ことをうかがいました。以前、豆本フェスタなどに参加していましたが、その方が妙蓮寺ご出身とは存知あげずびっくりしました。ぶらり途中下車の旅にも出られてたのですネ。

豆本フェスタの時の記事(PDF)⇒2010年2012年

2012年の記事に『ティムのすきなきらきら』がチラッと写っていますが、この頃はまだ13角ミニしかけ絵本の中の簡単なしかけ部分しか再現していなかったのです。今のカタチになったのはもっと後ですが、豆本フェスタに参加する事がしかけ豆絵本を作るきっかけとなったことは間違いありません。

懐かしいなぁ。
posted by Aya at 21:47| Comment(0) | 手づくり絵本

2022年04月03日

ありがとうございました!

昨日は、GIBUN手づくり市の日でした晴れお越しくださった皆様、作品をみてくださった皆様、お手にとってくださった皆様、どうもありがとうございました。ぴかぴか(新しい)

220402_100641 - コピー.jpg
先月のころぼっくる工房さんでの展示を参考にパネルに棚をとりつけて並べる形にしてみました。 いつもは机に置いていました。

220402_100655 - コピー.jpg
白いおうち&テーブルも。

220402_100721 - コピー.jpg
机には大きいしかけ絵本たちを。

220402_100730 - コピー.jpg
ワークショップの準備も。

ほぼ9時ぴったりに到着し、2Fへ行き受付をすませると「壁側の3番です」と。今回はコロナ対策で抽選で事前に場所が決まっておりました。机や椅子が新しくポップな感じになっていて(お?)となりつつ準備開始。記憶してたパネルと違って軽いこと軽いこと。

10時に鐘が鳴り、拍手で開場です。

いつも数名の方は、ばばっといらっしゃるイメージですが、そのような事もなく、やはり人が少ないのかなぁというスタートでした。

お隣のブース、みぽコースターさん。デザインフェスタで一緒に出展したこともあります。
220402_102732 - コピー.jpg

トマトの赤と深い緑の色合いが気に入って購入。早速使わせてもらいました。
220402_123832 - コピー.jpg

反対側からみるとこんな感じ。ぴんぼけしてしまいました・・・><
220402_123846 - コピー.jpg

ブースとブースの間も距離があり、最初は人が少ないなぁという印象だったのですが、気がつけば多くの方がいらしてくださってましたるんるん

朝一番で、お世話になっているKさんが来てくださいました。右目の白内障手術を受け、今度は左目とのこと。手術の成功をお祈りしています。

来てくだっさった方々に『ミニチュア絵本工作キット』の説明をすると「キットで作れるの」と迷わずキットを選んでくださる方、「出来上がってる方がいいです」とそちらを選んでくださる方、本当に人それぞれです。

『みつばちさんと』と『みみとふうせんさん』で、それぞれ大きいのか小さいのか、ものすごぉく悩んで選んでくださった方々もいらっしゃいました。なんて嬉しい事でしょう。。

パネルの絵をしみじみ観て「昔、油絵を描いてたんです。80歳になったんです。続けていくのはとてもいいことです。」とおっしゃってくださった方
「猫がお好きなんですか」と声をかけたら「色合いがいいなぁと思ってみてたんです」とおっしゃってくださった方
パネルに設置してあった木材をみて「昨日、とってあった木材を娘に片付けられてしまった…こんな風に使えるのにね、一日早かったら…」とお話してくださった方
「モルモット好きのコにプレゼントしたいから…モルモットだったら買ったんだけど…」とおっしゃってくださった方(一応、モルモットで通せないか検証してみましたが、ものすごく好きなコだからバレるだろう、という結果に)たくさんの方とお話できて、やっぱりこういうのいいなぁと改めて思いました。

220402_133303.jpg
また、今回は初の試みでピアノが設置されており、誰でも弾いてよいとなっていました。心地よい音色がたまに流れてきて、そちらの方をみてみると女性の方だったり、小学生の女の子だったり、職員の男性の方だったり。てんてんてまりや、ぎ〜んざぁでひとつ…のような曲から、母の大好きだったショパンのノクターンも流れておりました。

220402_165309.jpg
行きも帰りの道も、桜が満開で(こんなところにもしだれ桜があったんだ)という発見もあり、最高の一日でした。

220402_165002.jpg
タイルがかわいい。
posted by Aya at 19:19| Comment(0) | 手づくり絵本

2022年02月25日

作り方【にゃん度、なんど?】3

ころぼっくる工房さんで開催している
にゃん度、なんど?&豆絵本展コチラ<25日16時までです>で販売中のミニチュア絵本工作キット【にゃん度、なんど?】作り方2の続きです。その前はこちら⇒作り方1

19.<説明書:本文ほんもんを作る@>
自分の切りやすい向きに紙を置き、縦なら縦ばかりを切ります。
220215_112648F.jpg
紙の端っこまで切ってしまわず、切り抜く方が自分の場合はやりやすいです。
点線を山折り、その間を谷折りにします。
220221_110129.jpg

20.<説明書:本文を作るA>
どんどん、じゃばら折りにして糊付けしていきます。
なるべく角をきれいにあわせたいと念じつつ・・・
220224_093253.jpg
この時、33ページ目にポケットを貼ります。
220224_102244.jpg

21.<説明書:本文を作るB><説明書:本文を作るC>
糊づけしたものを順番に並べ
220224_095846.jpg
のりしろでつなげて、その裏側も糊づけし
220224_101948.jpg
長いじゃばらを作ります。

22.細長い透明フィルムを大体半分に切り<説明書:本文を作るD>
220224_102244 - コピー.jpg
貼ります。
220224_1026.jpg

220224_104502.jpg
のりでくっついてしまってるページがないか確認してくっついてたらはなしておく。

23.ハードカバーを背表紙で折って溝を作ってなぞります。<説明書:仕上げ@>
220224_103312.jpg

220224_093620.jpg

24.ハードカバーに本文をあわせてみて・・・私の場合はのりで貼ったら・・・
<説明書:仕上げA>〜<説明書:仕上げC>
220224_104322.jpg

2019-12-20RiREさん4.PNG
完成でするんるん
リールさんWebサイトより

minneさんサイトや手づくり市で販売するものは(壁などに飾れたら素敵かも…)と思い、リリアンを通しておりますバッド(下向き矢印)
1600角002表紙にゃん度.png

位置情報作り方1
位置情報作り方2

妙蓮寺駅近くのころぼっくる工房さんでの
にゃん度、なんど?&豆絵本展コチラ<25日16時までです>
25日は最終日です、良かったら足をお運びくださいねかわいい
posted by Aya at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 手づくり絵本