2023年01月25日

昨年行った展示会

220807_083836.jpg
藤田龍児がエノコログサをたくさん描いてたので、道端でみるたびに思い出します(気がつけばそこらじゅうに咲いています)。

220807_084036.jpg
大佛次郎記念館のチケットをみせると県立神奈川近代文学館は少し安くなります。チケットに済印が押されます新月

大佛次郎記念館で、にゃんの写真展開催中(応募したのであります)なので行くのが楽しみでするんるん
posted by Aya at 21:02| Comment(0) | アート・文化

2023年01月23日

瀬谷「日めくりと私」へ

ころぼっくる工房さんで教えて頂き、行ってみました。
230121_160218.jpg
広いスペースに1年分の日にちが左から右に(7年分なので7段になって)ずらっと並んでおりました。
ペンや絵の具や色鉛筆で様々な絵が描かれていました。カレンダーの数字そのものを土台にした絵、お城や動物、詩のような文がかいてあるの、昭和初期の商品パッケージのようなテイストのもの、貼り絵になってカレンダーから飛び出してるものなどなどなどなど。。

1年分がながーい紙に貼ってあり、固めの表紙がついてジャバラ折りになっている事がわかったので「折りたたむとどれくらいの厚さになりますか」と聞いてみました。「これくらいかな〜」と教えてくださった幅は広辞苑越えです。

好きだったのは「7」という数字の上に座って魚釣りをしてる人のそばににゃんが居るのや、狐が並んでるのや、「1」をひもでしばってあった貼り絵等です。

230121_151823.jpg
展示会場ギャラリーがある「あじさいプラザ」は、とってもキレイな建物でした。3月に『Sing & Swing 〜こころ踊る、からだ踊る瞬間〜』というテーマで展示作品を募集していたので応募してきました。人数が多いと抽選になるそうですが。

少し歩けば公園もあるようなので、また行かれる事を楽しみにしています。
posted by Aya at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | アート・文化

2022年12月10日

宝づくし展へ

少し前の話になりますが、細川貂々さんと大内ぐーすさんの展示会を浦安のギャラリーどんぐりころころさんでみてまいりました。
221109_065750.jpg
福サマ、とても魅力的です。

以前、
221115_064714.jpg
seedbooks発売10周年記念作品展で、細川貂々さん(『ツレうつ』がとても有名ですね)の本を買いました。当時の記事はコチラコチラ
写真左の本は目からうろこです。「人の話を聞くストレスが自分の癒やしに変わる方法」と表紙に書いてありますが、まさに・・・私が一番響いて一番実践してるのは旦那さんと話してる時に思い浮かぶ(あれ言おう)(こう答えよう)というのを考えないようにしてひたすら集中して聴く、という事。そうした方が意見を言ったり感想を言ったりしなくとも二人とも満足できるというか。
右の本では「当事者研究」という言葉を初めて知りました。当時の記事に書いてる「…その、貂々さんの本に出てきた関係のブース…」というのは「当事者研究」ブースのことです。時間が合わず入らなかったのですが入り口にいらした方と少しだけ会話できました。

絵に描いてある髪型が特徴的で、ギャラリーに行った時それをあらわすようなキャップをかぶってらして(てんてんさんだ!)とすぐわかって嬉しくなりました。サインを頂いたとき丸くなってるところを触らせてもらったりもるんるん

迷いましたが、今回はこちらの本バッド(下向き矢印)と小さな急須を連れて帰ってきました。急須は昔の子供たちがおままごとで使っていたらしい大内ぐーすさんの「お宝」の一部。本当に小さな小さな茶碗や裁縫セット、マンガを描く時のペン先が入った缶なんかもあって…七宝焼きの鳥の額もとっても素敵でした。
221115_064946.jpg

それから、カナリアがいてすこーし鳴いてくれたりなんかもリボン

seedbooks=ミニチュア絵本工作キット
GALLERY banner rire.gif さんの商品です。
『にゃん度、なんど?』につてはコチラを。

手(パー)てんてんさんんの『十牛図』持ってマス。
posted by Aya at 10:52| Comment(0) | アート・文化