2019年08月12日

最近行った美術館など3

190727_181252.jpg
国立新美術館。毎年、古賀節子さんの作品をみにいくところです。TVで観て初めて知ったエゴン・シーレの絵や、その時代のドレスや食器、家具なんかもあって面白かったです。そして、先日観に行ったクリムトの初期の作品、とても気に入りました。かわいいねずみが描かれてた…動物を描き続けてくれてたらいい絵いっぱいあっただろうなー(そういう絵もあるのかもですが)なんて。。

別の日、写真は無いのですが石神井のいわさきちひろ美術館へも。オーストラリア出身のショーン・タン展も開催中で鉛筆で描かれた絵本の原画をじっくり観られました。そして改めてちひろの絵はやっぱり好きだなぁと実感。ちひろの絵について高畑勲さんが「子供達が可愛いだけでなく、それぞれ表情がある」とおっしゃられてたビデオが印象的でした。

190804_135845.jpg
石神井からみなとみらいへ移動して友達2人と合流し柳原良平アートミュージアムへ。ぐるっとパスで無料だったので軽い気持ちで入った横浜みなと美術館が広くて見応えたっぷり…ボランティアのガイドさんの説明もきけました。
この日は横浜スパークリングトワイライト2019開催中で、雨のなか花火をみました。雨の中で花火をみるのは初めての経験でした。教えてもらった野毛のいわしのお店、美味しかった!

190731_093554.jpg
超楽しみにしていた東京ステーションギャラリーの「メスキータ展」。丸の内北口で上を見上げるとなにか動物が→思わず双眼鏡で確認しちゃいました…動物とよくわからないものが見えたのですが。。ここに8体いるそうで、東京駅を設計された辰野金吾さんご出身の佐賀県にあと4体いるそうです。十二支らしい。教えてもらました。

すごく良かったです。木版の人物、動物、鳥たち・・めっちゃかっこいいexclamation×2
輪郭なくて、彫り方やその太さ等だけで、暗さや明るさが表現できることに感動。背景も何だかかっこいい。エッシャーのエピソードも面白かったし、無意識で描くドローイングというのも興味深かったです。

190731_111715.jpg
最後に写真を撮ってよいスペースが。

190804_135522.jpg
思えば、種類の違うチラシもわくわくでした。

そして三井記念美術館の日本の素朴絵も観て、そばよしでお蕎麦とおかかごはんを食べて、原宿へ移動。明治神宮でシジュウカラとエナガをみて、ヤマガラの鳴き声をきいて充電してからペーターズギャラリーへ。斉木雄太さんの 「どうぶつくん展」その2で2階でのんびり、にゃんの紙粘土もゲットです。

190723_185228.jpg
関係ないけど通勤路にいたにゃん。

190804_135714.jpg
これから行けたら行きたいと思ってる展示会いろいろ。
posted by Aya at 20:48| Comment(0) | アート・文化

2019年07月05日

最近行った美術館など2

前回の記事のより前に行ったの含め・・・

横浜駅の壁。アートだexclamationと思って撮ったもの。
190622_191855.jpg

鳥の巣研究家、鈴木まもるさんの鳥の巣&絵の展示会、新宿中村屋サロンにて。
写真は、展示作品の中に飾ってあった大きな原画の鳥の名前を知りたい人が受付の方に言えばもらえる、との事でもらったもの。絵も巣も、本当に興味深いです。
190630_125709.jpg

その奥さんである竹下文子さんが文章を書かれた絵本の原画展(絵は町田尚子さん⇒後でわかりました、怪談絵本「いるの いないの」の絵を描かれた方だったのですね)の『なまえのない猫展』西荻窪URESICAにて(写真はサイン本)。絵本検討中の採用しなかった絵の原画なんかもあって面白かったです。3年かかって作られてるのもすごいなぁと。あと、絵本の絵以外のスケッチブックの紙を切ったようなのに描かれてる日常のにゃん?とそのコメントも面白かったです。
190630_135220.jpg

パナソニック汐留ミュージアム、ギュスターヴ・モロー展。
一枚の絵が出来上がっていく過程がわかる展示で面白かったです&モローの生徒だったルオーの絵もみられて(そんな関係性も知る事ができて)良かったです。
190630_104524.jpg

カイツブリをみたくて行った井の頭公園では、動物園が開園記念日で無料、思いがけずオシドリやクロヘラツラサギ、本でみたカヤネズミに会えて嬉しかったです。リスの小径なんてのもあるのですね。そして、長崎出身の彫刻家北村西望さんの資料館や彫刻もたくさんありました。全然知らなかった。。
190630_135519.jpg

東京都庭園美術館、キスリング展。一緒に行った友達が庭園や建物をみて「素敵」と何度も言ってました→同感です。最初の方に飾ってあった油絵の花や黒目がちの人物(勝手に原マスミさんの絵を思い出してました)がとても印象的。ユトリロやチャップリンとも交流があったのですね〜自分の好きな人達と関わりがあると思うとなぜか親近感がわいてしまいますね。
190630_135938キャプチャ.PNG

その後、大竹伸朗さんの展示へ(Take Ninagawaにて)。ジャリおじさんという絵本だけはずっと前に知ってたのに作品を観たことがないことに改めて気付きました。かっこいいコラージュの数々。Sonyのカセットのが良かった(青が好きだからかもですが)です。

☆おまけ☆
迎賓館(素敵な絵と可愛い椅子があった!)へ友達二人と行った時に咲いていた、くるくるの花の蕾?調べてみたらベニバナトキワマンサクというらしい。
190420_121017.jpg
咲くとこんな感じなのかバッド(下向き矢印)
190420_121033.jpg
初めてネジバナという野生の蘭を知った時も思いましたが、面白い花がありますね。。
posted by Aya at 23:52| Comment(0) | アート・文化

2019年06月29日

最近行った美術館など

190611_094626.jpg
上野、東京都美術館クリムト展………良かったです。
特に『女の三世代』、真ん中の若い女性がまとっているベールの色がきれい。。
全体的な色のバランスが絶妙です。そして東京都美術館といえばやっぱり思い出す若冲展。4時間待ったなぁ。。

190611_135730.jpg
初めて行った東京ステーションギャラリー。
写真左は次回の宣伝メスキータ(エッシャーのせんせいオランダ)。右がアートシーンで一目みて行きたい!と思ったルート・ブリュック展。ファンタジーの世界の絵をそのまま立体にしたような。。心惹かれる作品がいっぱい。表でこの写真を撮っていざ(チケット買って入ろう)と構えたところで「良かったらチケットもらってもらえませんか」とお声が!「一緒にまわる予定だったつれが行けなくなって」。あの時の方、本当にどうもありがとうございました。

190613_182312.jpg
通勤路のにゃん。左のコは逃げますが右のコはなでられます猫
写真はちょっとボケてます。

190616_142141.jpg
こちらも初めて…府中市美術館、棟方志功展。
初期の頃の小さな作品(良かった!)から大きな作品まであって、みやすく綺麗な美術館でした。版木や使っていた道具なんかもありました。
この美術館、府中の森公園の中にあるのですが…

190616_141628府中市美術館カルガモひな9羽.jpg
カルガモの雛が9羽いました(全部うつってないけど)。近所のカルガモ達を参考にすると、この位の大きさでこの数はすごいです。親が子育て上手なのかな。猫やカラスが少ないのかな。両方かな。

190622_134945.jpg
写真はちょっとボケてます。
懐かしの横浜美術館。ここの公園でどれだけお昼を食べただろう・・・。目前に広がる景色がすっかり変わっているところもあり、変わってないところもあり。
入ってすぐ、淺井裕介さんの作品が。初めてみたのですが、大きな作品の中に描かれている素朴な絵たちがなんだか良かったです。皆で作っている(募集してたらしく)制作過程のビデオも面白かったです。むかーし、日比野克彦さんが段ボールで船を作るっていうのされてて参加してみたかったことを思い出しました(観たのは金沢21世紀美術館…中に入れるのもあってすごいなぁと…横浜で作ってるってきいたのですが当時は調べきれず)
常設展示と企画展示が混ざって新鮮な展示会でした。思いがけず武井武雄さんやエッシャー、カンデンスキーの絵が観られたの嬉しかったです。

190622_163337.jpg
大好きなそごう美術館での水木しげる魂の漫画展。
展示されてる原画は思わずやっぱり全部読んでしまいます。どれもこれも面白そうで。背景の描きこみの凄さにも圧倒されます。先に準備しておくの、なるほどなぁと思いました。「妖怪だったからこそ描けた」というのが印象的。人柄が伝わってくるエピソードもたくさん盛り込まれててとても楽しい展示会でした。

ぐるっとパスというチケットを見つけました。2,200円で初めて使った日から二ヶ月以内ならいつでも使用でき、東京や横浜の一部美術館・博物館・庭園が割引になったり無料になったり。上記の横浜美術館は割引、そごう美術館は無料で入れました。

鳥を観るのも、猫と遊ぶのも、美術館に行くのも、やっぱり楽しいるんるんです。
posted by Aya at 06:11| Comment(0) | アート・文化