2023年12月08日

小松修 夢幻想へ

元町中華街【artTruth】ギャラリーさんで観てきました。
外からご本人がいらっしゃるのがわかり、少し緊張しましたが思い切って中へ。
202312_01.jpg
この、幻想的な青と緑の世界が絵にぴったりで…。

うっとり眺めてしまいます。

こちらはアクリル画ですが、海外スケッチの水彩も飾られていました。
額縁もとっても素敵なのです。
そのあたりのお話をきくことができて良かったです。
おまけにディスプレイミュージアムで展示をした後だったので、そのお話もさせてもらいました。
『にゃん度、なんど?』をみて頂くことまで出来てとても嬉しい日となりました猫

小松修さんの絵を観た時の記事は2014年2013年2011年2009年を。

そして、小松修さんといえば・・・
2023_01.jpg
座・キューピーマジックなのです。
初めて観たのは『ガラスの椅子』。とても心惹かれました。
ちなみにチラシの方はコンピューターで描かれてらっしゃるのデス。

お芝居についての記事は2013年2011年2008・2007年を。

今年は
12月13〜17日黒いスーツのサンタクロース
下北沢「劇」小劇場
ですぴかぴか(新しい)
posted by Aya at 23:05| Comment(0) | アート・文化

2023年11月11日

横浜・北仲BankART1929へ

松本秋則+松本倫子「惑星トラリス」展というのを知り、行ってみました。
IMG_20231111_133742.jpg
以前勤めていた桜木町から少し歩いたところにこんな場所が出来ていたとは。。

個人のサイトなら自由に掲載OKとの事でしたので…
とっても不思議な空間になっていました。
IMG_20231111_132842.jpg

IMG_20231111_132925.jpg
テントのトンネルのようなのをくぐっていくとオルゴールの音なんかもきこえて…
IMG_20231111_133259.jpg
影絵のようなのがみえてきて
IMG_20231111_133325.jpg
とても綺麗だなぁと思いました。こちらの動きで音が反応してるような…。そして椅子がところどころにあって、ゆったり座ったり寝そべったりできるようになっていました。
IMG_20231111_133517.jpg

IMG_20231111_133530.jpg

IMG_20231111_133553.jpg
カラフルな輪っかが不思議な雰囲気を醸し出していました。アートイベントで使ってる虫ピン、こんな風になるんだなぁ。

事前に展望台があることも聞いており、46Fからの眺めも堪能できて凄く良かったです。
posted by Aya at 21:39| Comment(0) | アート・文化

2023年11月05日

三鷹市星と森と絵本の家へ

IMG_20231103_121643.jpg
小野こまどさんの展示をみにいきました。

他の方を写さなければ自由に撮ってよいとのことでしたのでチラリ。
IMG_20231103_132545.jpg
めちゃくちゃカワユイです。そして、面白くって揺れるハート
一緒に行ったお二人とも「かわいい」のオンパレード。Hちゃんは置いてあった絵本を読んで「勇気もらえた」とも。別のグループからは「好きすぎて」という声もきこえてきました。
皆絵本を買う気まんまんで受付へ戻りましたが売り切れとなっていました(入った時はあった様子)…でもフェルトの栞、ゲットできましたexclamation

初めて行ったのですがとても素敵な場所でした。
IMG_20231103_133218.jpg
国立天文台の旧1号官舎である古民家は、わかりやすい分類(“しょくぶつ” “もり” “どうぶつ” “ひと・くらし” “あかちゃんえほん” “ほし” ”ちきゅう”そして”ひょうたん絵本”なんていうのも)で絵本が置いてあり、テーブル席や畳の上でじっくり読めます。
大きな地球儀があったり、日蝕の昔の絵っぽい掛け軸があったり、神沢利子さん(2008年に三鷹市美術ギャラリーで展示をみた時の記事はコチラ)のお言葉が飾られてたり。

ディスプレイされていた五味太郎さんの『道』、少年が「フツーの五味太郎だ!」「これ読んで」と。お父さん「家にあるじゃん」「これがいい」。結局それを手にとって椅子へ。五味さんの絵本があっただけでも嬉しいのですがその会話にも心躍りました。

駒や竹馬なんかも置いてあって…子供の頃、竹馬で遊んだことがないのでとてもやってみたいと思いましたが(少年自然の家のオリエンテーリングが早く終ったグループだけで遊べてて羨ましかったものです)珍しくワンピース(自作で初めて着てみた…着るのを楽しみにしていた)だったので諦めました。

道すがらジョウビタキ♂やオナガの団体にもあえてるんるん
ゆっくり遅めのランチをしながらコアな鳥の話もできてとても楽しかったです。
武蔵境駅から歩いて行きたいという希望に応えてくださったJさん、ありがとうございました。

「深大寺」が近そうなので(五味さんの故郷であり、水木しげるさんゆかりの場所でもある)、次回はそちらも行ってお蕎麦を食べてみたいなぁ。

三日月全く関係ないけれどいつもラジオで「あとは寝るだけの時間」を聴いていて声だけを知っていたこだまさんが、キングオブコント優勝されたの嬉しかったですぴかぴか(新しい)
posted by Aya at 13:52| Comment(0) | アート・文化