2020年11月19日

明治神宮と永遠のソール・ライター展とアーティゾン美術館へ

明治神宮といえば、私にとっては大好きな鳥に出逢える場所⇒日本野鳥の会開催の探鳥会の場所でもあります(今は中止してますが)。★野鳥の会は、金沢市長町生まれの中西悟堂さんが創立者ということまではわかっていましたが、改めて調べてみると…北原白秋さん(あめんぼあかいな、の)、柳田國男さん(遠野物語の…昨年岩手に行ったとき遠野にあった[とおの物語の館]に[柳田國男展示館]もありました)らも創立発起人だったのですね。今年は創建100年との事で色々催しがあり、その中のひとつである野外彫刻展をみました。鳥もみながら。【9月中旬】
201025_082855.jpg
こんなのがあります。今年の末まで展示されてるそうです。当日撮ったのはボケボケだったので写真は後日撮ったもの。
201025_080811明治神宮人面木.jpg
これは自然の産物、人面木。当日撮ったのはボケボケだったので写真は後日撮ったもの。

そして歩いて渋谷へ。五味さんが行かれてた桑沢デザイン研究所の前を初めて通りました。Bunkamuraで開催されていた写真展をみて(NHKで知り、みてみたいなぁと思った時は開催終わってたのですが急遽アンコール開催が)、とっても街の写真を撮りたい気分になって撮ったのが以下です。帰って角丸加工しました。
ソールライター風1.png

ソールライター風2.png

ソールライター風3.png

ソールライター風4.png

そして、予約していたアーティゾン美術館へ。ソール・ライターも予約してました。
Tomoko Konoikeさんの現代美術と、パウル・クレーの絵などをみて大満足で帰りました。
posted by Aya at 08:25| Comment(0) | アート・文化