2016年05月29日

若冲展へ

上野で「若冲展」がある、とわかってから(絶対、行こう)と思っていました。

いざ、行こうと思った時にWebサイトでチラッとみえた「4時間待ち」の文字。行くのは平日と決めていたし、週末のことだろう、と考えていたのですが・・・

ある金曜日。長谷川等伯展の時のこともあったので、遅く出たら待たされるかも、と思い早めに家を出ました。

行ってみると、まず当日券を買うのに「40分待ち」と言われ…

(まー仕方ない)と思いながら並んでいたら、しばらくして「…なお、チケットを買われましても、入場までに4時間待ちとなることご了承下さい…」的な耳を疑う声が。

まさか!!!!!

そういえば昨日4時間待ちって書いてあったと思い出し、瞬時に考えました。
(買うのやめて帰る?次に展示会がある時を待つ?)
でも、せっかく会社休んで来たし、次にあるのはいつかわからないし。何年も前から若冲の絵はみてみたかったし…と考え直して、もう並ぶことに決めました。そして、チケットは30分待ちくらいで済みました。

それにしても…

いやぁ〜、長かった…

お陰様でメールしなきゃと思いながらできてなかった友達達にゆっくりメールできました。並んでたのはほぼ外だったのですが、天気も暑すぎず寒すぎずでちょうどよく、木がたくさんあって鳥のさえずりがきこえるのが救いでした(姿をとらえることは出来なったけど多分コゲラもいたと思います)。

後から後から来られる方達にも「4時間待ち」というアナウンスだったので、もしかして多少早めに入れることもあるのかな、と淡い期待を抱いていましたが、ほぼ4時間ぴったり待ちました。途中途中に休憩所のようなスペースがあり、椅子に座って休めたり、お水を自由に飲めたりするのは、ちょっと嬉しいと思える心遣いでした。

ひたすら並んでくったくたになりながらも、やっと東京都美術館の建物の中に入ると、展示会の入り口直前のところで若冲の作品のビデオ的なものが流れていました。そういうのを観ると、疲れってとぶんですね。ワクワクしてきました。

まず入ったフロア(LBF)の展示『画遊人、若冲(1)』。人がわんさかでしたが、面白かわいらしい虎の絵がみえました。

そして、1Fの展示『≪釈迦三尊像≫と≪動植綵絵≫』。


もう、、、、、、、、圧巻でした。


≪動植綵絵≫すごすぎ。。。


どれもこれもよいのですがあえて好きなのを選ぶとすれば『桃花小禽図』『紫陽花双鶏図』『雪中鴛鴦図』『芦鵞図』などです。

『桃花小禽図』花も青い鳥も本当に美しい…うっとりです。※鴛、鴦:オシドリ

2Fは『画遊人、若冲(2)』『米国収集家が愛した若冲』。
『月梅図』美しい。。。
『葡萄図』墨の濃淡が素晴らしい。。。。。

若冲は、2月8日、京都の青物問屋「枡屋」の長男として生まれ、お父様がなくなられた時に家督をつぎましたが、40歳代の時に弟に譲り、画業に専念したそうです。50歳代で動植綵絵を描きあげて相国寺に寄進、60歳代で五百羅漢をつくられたと。

4時間待ったかいがある、素敵な絵ばかりでした。
今おもえば、長谷川等伯展の時の40分待ちはかわいいものだったんだなぁ。

待ち時間にも、凄すぎる絵にも、びっくりの一日でした。
160520_140214664若冲展.jpg
posted by Aya at 21:59| Comment(0) | アート・文化

2016年05月26日

ありがとうございました!そして、続きの話。

【手作り絵本と雑貨のお店】PICTUREBOOK GALLERY banner rire.gif さん
ハンドメイド・自主製作絵本原画展⇒Webサイトはコチラ
に、おいで下さった皆様、作品をお手にとって下さった皆様、ありがとうございましたexclamation×2

お気に入りの絵本1冊と、そのエピソード】の続きの話です。
「はやくあいたいな」の原画展に行ったのはストレスがピークになりそうだった頃でした。その後、ピークがやってきて、にっちもさっちもいかなくなった時、ラジオから五味太郎さんの展示会とトークのお知らせが流れてきました。それがあることは事前に知っていたのですが、何しろストレスがピークでココロが正常な状態ではなく、行こうかどうしようか迷っていました。でも、ラジオとお昼休みに話した友人のおかげで行こう、と思いました。

結論、

すごぉーーーーーーーーく行って良かったです。

それほど広い会場ではない場所で、絵本の絵よりもかなり抽象的な、大きめの絵が並んでいました。添えてある文章にも心惹かれました。
ゆっくりみていたら、、、ひとりになる瞬間がありました。それに気づいたとき

『Welcome』という絵が目にとびこんできて・・・

「絵の世界にきていいんだよ」と言われた気がしました。

その後、

初めて五味太郎さんの絵に出会ったのは、中学生の時に家族で上野動物園へ行った時(当時は石川県に住んでおり、父が運転する車で)だと気づきました。(このお店で一番かわいい絵のヤツ買おう!)と心に決めて買った鉛筆や下敷きに「GOMI TARO」と書いてあることや

テレビ番組「みんなのうた」に登場してとても気に入っていたうた『ぼくのミックスジュース』、歌詞を書かれたのが五味さんだったこと、

以前読んで感銘をうけた本『じょうぶな頭とかしこい体になるために』の作者が五味さんであることなどを後から気づきまくって、心底驚きました。

という訳で、切っても切れない縁を勝手に感じている次第であります猫
posted by Aya at 22:04| Comment(0) | 展示会

2016年05月10日

ありがとうございました

WANOMAイラスト展にお越しくださった皆様、ありがとうございました。

WANOMA さんでは、ポストカードや豆絵本、メッセージカードなどを展示・販売しております(Webサイトからも購入できます)。
渋谷区神宮前5-13-14 表参道SKビル2F
TEL/FAX:03-3498-2141
営業時間 午前11:00〜午後7:00
定休日 毎週火曜日(祝日または振替休業日にあたる場合は営業し、翌平日休業)

【ハンドメイドの絵本と雑貨】PICTUREBOOK GALLERY banner rire.gif さんハンドメイド・自主制作絵本原画展
に、原画を展示中です。
『お気に入りの絵本1冊と、そのエピソード』、紹介されておりまするんるん
2016-5.png
展示は今度の日曜まで。是非、足をお運びくださいねぴかぴか(新しい)
   〜5月15日(日)

次項有手作り絵本、いつもはサンプル本を置かせてもらっており、ご注文を頂いた時点で1週間以内のお届けとなっていますが、展示会中はその場にありますexclamation×2ない場合は、いつも通りご注文承ります。良かったらお手にとってみてくださいね。

紹介ページはコチラをご覧ください。

また、RiREさんオリジナルのとっても可愛い商品、seedbooksを作るワークショップに参加した時の記事はコチラを。
posted by Aya at 20:42| Comment(0) | 展示会